三次元形状測定機

VECTORON MODEL VMC7000シリーズ

  • CADデータとの比較検査をしたい
  • 大型ワークを計測したい
  • 現場で手軽に計測したい
  • 歪、段隙、動的内部欠陥検査
  • 品質管理・統計解析をしたい
  • 製品情報
  • 構成品

高精度、高品質測定を追及した最新ハイエンドアーム

多関節型三次元測定機のベクトロンは、合計7つの関節による柔軟な取り回しと自由度の高い測定が可能で、
業界最高レベルの高精度を実現した測定システムです。測定機先端には有接触プローブ、非接触レーザーセンサー
を取り付ける事が可能で、あらゆる形状に対応した測定を行うことが出来ます。
今春2018年4月にリリースしたVMC7000Mシステムは、ベクトロン38年目の集大成となるシステムです。
本モデルではアームの構造を一新し、精度維持力を高め、軽量化、フレキシブルバランサーなどの新機構を搭載
しました。また使い勝手を向上させるとともに、非接触センサーの性能を飛躍的に向上させました。

製品の紹介・特長

■高精度アームと独自開発の非接触レーザーセンサー
・業界のクラス最高精度を実現
・手先の大幅軽量化による操作性と構造変更、
 剛性強化による精度維持の向上
・独自開発の非接触センサーとの組合せで高精度なスキャンニングが可能
・非接触レーザーセンサーはフライングドット測定方式を採用、
 光沢・黒色などあらゆる色の対象物を測定可能
・パウダースプレー無しでのスキャニングを実現
・測定点密度を自在にコントロール可能で、穴、突起、端部、リブなどの
 微細形状もスキャンニング可能
・新開発フレキシブルブレーキ搭載、測定作業中に自由に保持可能
・独自開発のデータ処理ソフトとシンプルかつ現場向けの操作性
・高い可搬性・環境対応能力で、あらゆる現場での測定に対応
・アーム、センサー、ソフト 唯一の All Made in Japan
 ハードウェア・ソフトウェアをTTSで一括サポート
・お客様に合わせたハード・ソフトウェアのカスタマイズと、
 ソリューションパッケージの提案 

主な用途

CADデータとの比較検査をしたい現場で手軽に測定したい

型式

VMC7000M

 プローブの最大移動範囲

X軸方向

3500mm

Y軸方向

3500mm

Z軸方向

3312mm

 精度(弊社規格)

定点の再現性

2σ:0.03mm

有接触測定精度

2σ:0.04mm

非接触測定精度

±0.06mm

 測定アーム

全長

1750mm

自由度

関節部 7

質量

約12kg (非接触コントローラ含む)

 電源

AC100~240V, 50/60Hz, 115VA(PCは含まず)

 装置の重量

VTL03仕様

約21kg

VTL41仕様

約108kg

VTL60仕様

約77kg

 センサスペック

型式

PU-OL100-SP

サイズ

76(W)×106(D)×124.6(H)mm

重量

約640g

ビーム径

直径0.183mm以下

測定Z幅

60mm

スタンドオフ

145~205mm

Xピッチ

0.016~0.063

視野長(幅)

21.56~213.54mm

ポイント数/ライン

201~513ポイント/ライン

計測ライン数

30~60ライン/秒

    非接触センサー

    レーザープローブ方式の採用により、レーザー光を走査して対象物表面の空間座標を検出します。従来のレーザーセンサーでは不得意とした、光沢面、黒色の測定も可能なハレーション防止スプレーレスタイプのセンサーです。走査幅と解像度を選択でき、測定の効率化、時間短縮が図れます。また、小型・軽量のハンディタイプで、外乱光の影響を受けにくい構造設計になっています。

  • オペレーションソフト

    Libella5

    CADデータなしで測定できる有接触測定専用ソフトウェア!
    「Libella 5」は、CADデータを必要としない有接触測定専用モデルです。
    有接触測定に特化したシンプルなメニューで初心者でも容易に操作できます。

    測定結果を現場で確認
    多関節三次元測定機《ベクトロン》で測定し、その場で結果を表示します。

    この構成品のpoint

    多彩な位置合わせ機能
    面軸原点合わせ(3-2-1)、3点合わせ、6点合わせ等、多彩な位置合わせ機能で座標系を作成できます。

    便利な測定機能
    穴、ピン、円錐など様々な要素を測定できます。
    ガイド機能を利用すれば、断面測定や倣い測定も容易です。

    繰り返し測定を容易にするマクロ機能・ウィザード機能
    同一手順の繰り返し測定を行う場合、マクロ機能で途中の操作を省略し、測定時間を短縮できます。
    さらに、ウィザード機能を使用すると、任意の測定手順で組み合わせを作成でき、公差判定などの処理を追加できます。

    GD&T(幾何寸法公差)解析機能を搭載
    形状公差、姿勢公差、位置公差など、各種公差に対応しています。

    自動で報告書を作成
    測定結果をExcelへ出力して、自動で報告書を作成します。
    測定結果を手書きする必要はありません。

    Libella Queen

    使いやすさを追求した非接触測定対応ソフトウェア!
    「Libella Queen」は「Libella 5」の搭載機能に加えて、CADデータの読み込み、非接触測定、データ解析機能を搭載しています。
    日本の技術者の意見を多く取り入れ、使いやすさを追求しました。
    操作が容易なので、初心者でも1~2日のトレーニングで使用可能です。

    測定結果・合否判定を現場で確認
    多関節三次元測定機《ベクトロン》で測定したデータをCADデータと比較して、その場で検査結果や合否判定を視覚的に表示します。現場で素早く分析・試行が可能です。

    この構成品のpoint

    多彩な位置合わせ機能
    3点の簡易位置あわせ、特徴形状からの位置合わせ、条件指定位置合わせ等、多彩な位置合わせ機能を搭載しています。
    基準からの位置合わせがむずかしい場合、ベストフィット機能で簡単に座標を合わせることができます。

    検査結果を視覚的に表示
    測定データとCADデータを比較して、位置ズレ量や曲面の誤差量に応じたベクトル・カラーマップ・ラベルを表示します。

    レイアウトマシンとの接続が可能
    レイアウトマシンのデジタル演算表示装置〈Laymatic MEGA2〉との接続が可能です。
    レイアウトマシンの測定効率向上を支援しています。

    ポリゴンデータの生成
    非接触の測定データからポリゴンを生成できます。また、ポリゴンの品質毎にパラメータを設定・保存できます。

    CADインポートのオプション
    CADインポートのオプションとして、CATIA・NX・Pro/E・Parasolid・JT等のデータを中間フォーマットに変更せずに、
    インポートできます。

三次元形状測定機なら東京貿易テクノシステム。まずはお気軽にご相談ください。

三次元形状測定機、非接触三次元形状測定機(多関節型、カメラ式、レーザー方式)、検査・解析・測定機、ソフトウェア、モデル加工機のことなら東京貿易テクノシステムにお任せください。
疑問、質問など、どんなことでも結構ですのでお気軽にお問い合わせください。

ページの先頭に戻る