三次元形状測定機

Leica T-Scan

  • CADデータとの比較検査をしたい
  • 大型ワークを計測したい
  • 現場で手軽に計測したい
  • 歪、段隙、動的内部欠陥検査
  • 品質管理・統計解析をしたい
  • 製品情報

ハンディタイプスキャナー

製品の紹介・特長

ポータブルCMMスキャンニングシステム Leica T-Scan5
Leica T-Scan5 システムは、片手で持ち歩ける非接触測定スキャナーです。LeicaレーザートラッカーAT960との組み合わせで使うと、最大で直径40m(AT960-LRの場合)の測定範囲内で測定が可能、黒色、光沢面、カーボンファイバー等、計測面の色や状態に関わらず、ほとんどの材質に対してパウダーレスで中小サイズの部品から、測定が困難で非常に時間がかかった大型金型、フルサイズモデルの車、航空機などの非接触測定も軽々と実現できます。

主な用途

CADデータとの比較検査をしたい大型ワークを計測したい

測定深さ 78m
スキャニング幅 90mm
焦点距離(平均) 86mm
サンプリングレート 20,000点/秒
スキャンライン上 点間距離 0.07mm - 0.98mm
センサー外形寸法 185×100×145mm
センサー重量 1,200g
レーザークラス クラス2

三次元形状測定機なら東京貿易テクノシステム。まずはお気軽にご相談ください。

三次元形状測定機、非接触三次元形状測定機(多関節型、カメラ式、レーザー方式)、検査・解析・測定機、ソフトウェア、モデル加工機のことなら東京貿易テクノシステムにお任せください。
疑問、質問など、どんなことでも結構ですのでお気軽にお問い合わせください。

ページの先頭に戻る