ダイカスト金型の現場測定事例・ソリューションをご紹介いたします。

金型メンテナンスについてはすでに3Dスキャナを活用されているお客様もいらっしゃるかと存じます。その中でお困りごととしてご相談をお受けするのが以下のようなお声です。

  • 現場で測定・検査して、保全の成功・失敗を素早く判定したい。
  • 金型をダイカストマシンから外さずに測定して、緊急保全時の形状保証をしたい。
  • 通常の金型保全時の形状保証をもっと簡単に実施したい

こういったご要望を解決するソリューションを本ウェビナーにてご紹介しております。

MktoForms2.loadForm(“//pages.tbts.co.jp”, “061-ONV-399”, 2509);

PAGE TOP