デザイン向け加工機

Portable Mill System

  • CADデータとの比較検査をしたい
  • 大型ワークを計測したい
  • 現場で手軽に計測したい
  • 歪、段隙、動的内部欠陥検査
  • 品質管理・統計解析をしたい
  • 製品情報

モデル定盤に設置可能な移動式加工機

モデルスタジオにおいて、フレーム、スタジオ間を容易に移動させることができ、スムーズな段取りと簡単な操作で、クレイモデルの面加工を行うことができる本格的なNC加工システムです。

製品の紹介・特長

・アーム・コラムにカーボン材を採用し、高精度、高剛性、軽量化(本体重量450㎏)を実現。
・ベース部の特殊機構により、1人作業でもフレーム上で容易に方向転換およびセッティングが可能。
・ベース部の特殊機構により、リニアストロークは勘弁操作の半自動尺取り機能で、フレーム全面への拡大が可能。
・レイアウトマシン(マニュアル機)と同じフレーム上に設置することが可能。また、モータ駆動と手動操作を簡単に切り替えることで、レイアウトと同じ感覚で操作が可能。
・座標を表示する小型液晶や小型MPGを装備した多機能リモコンにより、加工時の手動介入も容易。
・CRAY CAM(オプション)は簡単な操作で面データ、STLデータから高速でNCデータを作成。

単位:[㎜]

Type A B C D E F 精度[/軸] 重量(kg)
JM2113 1300 430 2010 2120 270 3050 ±0.08 450

レイアウトマシン専用フレーム使用時
精度とは各軸あたりの精度であり、弊社検定方法に基づきます。

 

マシンストローク アームストローク 1300mm
コラムストローク 2370mm
ベースストローク 2120mm
ただし、半自動尺取り機能で定盤ストローク限まで可能
マシン運動精度(at 20°) 各軸 ±0.08mm/軸
モータードライブ制御軸 X、Y、Z3軸
同時制御軸 固定5軸同時3軸
スピンドルパワー 0.48 N・m
スピンドル設定方向 A軸0~120°(15°分解)
B軸0~±180°(15°分解)
駆動速度 RAPID 0~10M/分
JOG 0~1.2M/分
加工速度 0~5M/分(MaxF5000)
入力媒体 CD-RまたはLAN
電源 AC100V ±10% 50/60Hz

三次元形状測定機なら東京貿易テクノシステム。まずはお気軽にご相談ください。

三次元形状測定機、非接触三次元形状測定機(多関節型、カメラ式、レーザー方式)、検査・解析・測定機、ソフトウェア、モデル加工機のことなら東京貿易テクノシステムにお任せください。
疑問、質問など、どんなことでも結構ですのでお気軽にお問い合わせください。

ページの先頭に戻る