H1

風力発電のブレード・型の形状検査

TBT_汎用DB:詳細

風力発電のブレード・型の形状検査

風力発電のブレード・型の形状検査

課題

風力発電における風車ブレードの型や製品自体の修正が多く、手間がかかる、効率よく高精度に形状検査できる方法がない。

ソリューション

・型の段階で不具合修正し、製作コスト、時間を節約
・製作後のCAD比較により修正データ作成
  ※欧米大手風車メーカー(ベスタス社、シーメンス社、GE社)に実績あり。

ご提案内容

レーザートラッカーとリフレクタ、プローブ、スキャナを組み合わせて高精度形状計測を実施、専用ソフトウェアでCAD比較をし、修正データを作成します。発電機製作時の検査だけでなく、稼働後のブレードメンテナンス用途への活用(ブレード形状計測等)も可能です。
測定実績例:
ブレードの長さ:約30~60m
ブレードの高さ:2~4m
ブレード重量:8〜16トン
ブレード本体材質:グラスファイバー
要求精度:0.5mm
◎CADに対する複数の断面の最終検査(ねじれ分布とプロファイル)
より良い発電効率を得る為に設計されているブレードの複雑な形状を計測、CADと比較し、製作精度を判定します。

 


 

ブレードは上型と下型が大きくずれることが多い為、エポキシ鋳造後に大きな誤差が発生します。この金型のずれを事前に修正することで、ブレード製作後の切削と充填の時間を削減できます。上型と下型をそれぞれ測定し、CADに合わせて調整、2つの金型をバーチャルで組付けすることで修正可能です。

 


ブレードを含む風力発電の各パーツを現地で組み立てる際にレーザートラッカーで形状計測を実施します。組立前に事前に検査を実施することで組立作業の大幅な効率化(短縮)だけでなく、手戻りを削減します。

システム構成

1.Leica レーザートラッカー AT960 または ATS600
2.Leica T-Scan, T-Probe
※面計測、プローブ計測が必要な場合

関連製品