H1

3Dスキャンサービスでの活用

TBT_汎用DB:詳細

3Dスキャンサービスでの活用

3Dスキャンサービスでの活用

高密度・高精度3Dデータ取得なら、FLARE-。

課題

高精度・高密度点群を必要とされる3Dスキャン案件への対応不可…他の測定機では、顧客要求を満たすことができない。

ソリューション

高精度・高密度点群データ取得を可能とします。また、測定ワークをターンテーブルにおいて、半自動でデータ取りが出来ます。そのため、作業性の高い運用が出来ます。また、検査解析ソフトウェアはPolyWorksを使用しますので、他測定機と同じソフトウェアで運用できる為、一元管理が容易になります。

ご提案内容

3Dスキャンサービスで使用する非接触3Dデジタイザになります。
FLARE Entryシステムを使い、3D形状スキャンを実現します。

FLARE Entry:
*様々な種類から1レンズ選択
測定範囲 40x30x24(mm)、複合精度 ±4μm※、点間距離16μm (50レンズ使用時)~
測定範囲 500x450x350(mm)、複合精度 ±56μm※、点間距離208μm (700レンズ使用時)
※VDI2634-3に準じた専用治具を測定した結果に基づきます。

FLARE Standard:
測定用レンズ:
*様々な種類からレンズを自由に交換できます。
測定範囲 50x40x30(mm)、複合精度 ±4μm※、点間距離16μm (最小60レンズ使用時)~
測定範囲 1200x750x750(mm)、複合精度 ±220μm※、点間距離485μm (最大1550レンズ使用時)
※VDI2634-3に準じた専用治具を測定した結果に基づきます。

システム構成


FLARE Entry

FLARE Standard

スタンド

ターンテーブル


検査解析ソフト
 PolyWorks


収納ケース

システムイメージ



関連製品