H1

RaptorEye2インライン自動測定システム

TBT_汎用DB:詳細

RaptorEye2インライン自動測定システム

高速インライン測定で不良予測し、事前対策や工程・公差の見直しから部品コストダウンや工数削減を実現

製品説明

RaptorEye2インライン自動測定システム

RaptorEye2はアーム型測定機で実績を積んだ、自社開発の高速非接触センサーです。
このRaptorEye2をスライド型アクチュエータに搭載し、自動で非接触スキャンします。単にインライン測定するだけでなく測定データから改善やコストダウンを導き出すシステムです。

 

  

製品の特長

作業員が目視検査されている工程などを自動化し、省人化やレポート等記録も自動化します。

対象物に合わせた最適なシステムをご提案しますが、主なラインナップは下記3パターンです。
Single

想定ワーク:小型の平面的な形状のもの。板金パネル・樹脂成形部品など。ロボットにSingleユニットを搭載すれば大きいワークの管理ポイントの測定も可能です。
測定範囲:L150(最大1500)×W120×D120
導入すべき事例:現在検査未実施の工程・目視検査工程・突発の不良が発生している工程
Dual-V

想定ワーク:板金パネル、溶接構造部品など大型で奥まった形状の部品
測定範囲:L450(最大1500)×W160×D120
導入すべき事例:現在検査未実施の工程・目視検査工程・突発の不良が発生している工程・公差の厳しい溶接構造部品を製造している工程
3-axis

想定ワーク:中型の板金パネル、溶接構造部品、樹脂成形品
測定範囲:L450(最大1500)×W300×D160
導入すべき事例:現在検査未実施の工程・目視検査工程・突発の不良が発生している工程
関連動画

導入効果

・傾向管理が可能となり、不良を予測し計画的に事前対策が可能。


・溶接構造部品の管理ポイントのみスキャンし、離れた部位の寸法検査の自動化。マスター部品との差分を求め、シム挿入するなど設計方針を見直すことで部品の公差を下げ、組付け後の検査を同じ装置で実施することが可能。
 


・自動化による人員削減だけでなく、測定することで製品のコストダウンに寄与します。

製品の仕様

センサースペック
 サイズ 69(W)×113(D)×145(H)mm
 重量 約550g
 測定深度 ±60mm
 スタンドオフ 200mm
 Xピッチ 0.06~0.1mm
 視野長(幅) 86~160mm
 ポイント数/ライン 1668ポイント/ライン
インライン設備とのインターフェイス:デジタルIO・PLC通信
データの出力:PSL形式
解析ソフトウェア:3D-Magic REGALIS・PolyWorksに対応
3D-Magic REGALIS

関連製品

関連動画