TTSスマートマニュファクチャリング
測定 × シミュレーション

フィジカル(現物)とバーチャル(仮想)を融合し
スマートマニュファクチャリングを実現します。

REGALIS Fusionは、スマートマニュファクチャリングで製造業の試作部門、生産技術部門の課題解決の実現を目指しています。
スマートマニュファクチャリングに取組み、実現するためには、デジタルツイン・デジタルスレッドの構築が必要です。
REGALIS Fusionにより、現場・現物・現実のデジタルツインそのものである測定データと、原理・原則であるシミュレーションをデジタルスレッドにより融合し、製造工程をプロセスチェンジします。
REGALIS Fusionは、製造業の大きな課題である生産性向上に貢献いたします。

デジタルツイン デジタルスレッド

  • 物理現象による形状変化を反映した工程ごとのデジタルツインを構築できます。
  • 設計データとシミュレーションデータに現物の測定データをつなぐデジタルスレッドを提供します。

製造工程のプロセスチェンジ

  • 設計値から生成したシミュレーションモデルに、測定による現物の精度を反映し、シミュレーションの精度向上を実現します。
  • 部品の形状検査に使う、現物の検査治具を、仮想検査治具に置き換えることか可能です。
    ユーザは、現物の検査治具を製作する納期やコスト、それらを維持するメンテナンス作業や保管場所などの負担を大きく低減できます。

モジュール構成

モーフィング(MP) 設計データ(FEモデル)に現物精度を与えシミュレーションを高精度化
バーチャルCF(VCF) 仮想検査治具による形状評価

生産性の向上に貢献

開発リードタイム短縮

開発コストの削減

製造品質の向上

機能概要

モーフィングモジュール

課題

現物と差異がある設計形状からのシミュレーションでは、予測精度が高まらない

解決手法

FEモデルに現物の測定データを反映

メリット

シミュレーションの高精度化

測定データにより、現物精度をシミュレーションモデルに反映し予測精度を高めます

モーフィング 処理フロー


  1. 設計データと現物部品の誤差

  2. 誤差の大きな箇所に測定データを反映

  3. 現物精度の設計データ(FEモデル)

製品動画

バーチャルCF モジュール

課題
  • 専用治具製作の納期/コスト
  • 専用治具の保管スペース
  • 専用治具のメンテナンス工数
  • 作業者によるバラツキ
解決手法
  • 転用可能な汎用治具
  • モーフィング
  • 重力キャンセル
  • シミュレーション
メリット
  • 製作工数/コスト削減
  • 保管スペース削減
  • メンテナンス工数削減
  • 仮想検具により変形を高精度に予測

専用治具から転用可能な汎用治具への置き換え

専用検査治具から転用可能な汎用治具に置き換え、単純支持で測定を実施します。
設計データにその測定データを反映し、無重力処理を施し仮想検具による変形を予測します。

専用検具

汎用治具

単純支持

モーフィング 処理フロー


  1. 汎用治具による単純支持の測定

  2. FEモデルへの
    モーフィングによる現物精度反映

  3. 重力をキャンセル

  4. 仮想検具により、
    新たな姿勢での重力と拘束を与え変形を予測
PAGE TOP