H1

航空宇宙産業における製品の数値・寸法データの管理と活用

TBT_汎用DB:詳細

航空宇宙産業における製品の数値・寸法データの管理と活用

航空宇宙産業における製品の数値・寸法データの管理と活用

課題

世界中の航空宇宙産業に携わる多くの企業は常に次のような共通の課題・改善要望を抱えています。 
   ① 組立て工程での問題を予知したい
   ② 製品データと図面データを比較したい
   ③ レスポンス時間を短縮したい
   ④ 製造工程を改善したい
特に、①については、航空機を製造するのに必要な様々なパーツの多くは異なる工場で製造されています。例えば、翼と胴体を実際に組立てる前にそれらが本当にフィットするかどうかを確認することはできません。翼胴結合以外も同様に、実際にパーツ同士を組立ててみて発覚する問題を事前に予知したいという企業は少なくありません。

ソリューション

測定機等から取得した数値・寸法データを統括管理し、鮮度の高いデータを見たい人が見たい時に見たい角度で確認することを可能にし、課題を解決します。

ご提案内容

 ATS CM4D は、航空宇宙産業におけるコンピューター支援設計のバーチャルな世界と製造業のフィジカルな世界との間のギャップを埋めるシステムで、航空宇宙産業でのATS CM4Dプロジェクトの規模や範囲は企業により大きく異なりますが、一般的に次の要件が含まれます。

  • 複数の測定機等からそれぞれの形式でデータを受信
  • データを1つのデータベースに統合できるように標準形式に変換
  • どこからでもアクセスでき、製品や工程の改善に使用できるレポートを作成し、迅速な分析が必要

また、従来のSPCだけでは組立工程で発生し得る問題を予知することはできませんでした。製品中心のアプローチである製品品質検証(Production Quality validation)を取り入れることで、たとえ組立対象となるパーツ同士が何キロも離れた工場にあったとしても、バーチャルアセンブリおよびバーチャルシミングによって組立てのシミュレーションができるため、出荷する前に問題の把握と対策を速やかに講じることができます。結果として、機械だけでなくオペレータの貴重な工数削減に大いに貢献いたします。


【航空宇宙産業におけるATS CM4D導入効果】

  • 社内とサプライチェーン全体のコミュニケーションとコーディネーションを改善
  • 最新の情報に基づいた意思決定のおかげで、製造プロセスが改善
  • 機械とオペレータの操作時間の削減で、より迅速な数値・寸法検査を実現
  • すべての数値・寸法データが1箇所で記録・分析されるため、トレーニングとメンテナンスのコスト削減
     

システム構成

システムイメージ

組立工程の様子(機械と人の膨大な工数が掛かる)

製品品質検証結果レポート例

関連製品

関連動画