H1

段差・隙間の傾向管理による不良品発生予測

TBT_汎用DB:詳細

段差・隙間の傾向管理による不良品発生予測

段差・隙間の傾向管理による不良品発生予測

課題

製品に傷をつけず、作業者スキルによる測定バラつきを無くし、筆記によるデータ転記ミスを無くしたい。
傾向管理を行い、不良品の発生を最小限に食い止めたい。

ソリューション

非接触レーザー測定により製品への傷を無くし、ハード的な矯正で作業者スキルによる測定バラつきを無くし、測定データを直接パソコンへインプットすることで、ヒューマンエラーの防止を行います。
また、測定データをサーバでリンクさせることにより、不良品の発見漏れや、不良品発生の事前予想を行うことができます。

ご提案内容

Gap-NINJA(測定機)+GN-Plus(解析ソフトウェア)
 
専用ソフトウェア(GN-Plus)を使用することで、測定前にCAD値などから基準となる値を作成しておけば、測定を行うだけで瞬時に合否判定がその場で確認できます。
結果出力はテキスト形式やCSVファイルで出力されますので、Excelで簡単に読み込み、まとめることが可能です。
VBA等のマクロ機能を使用すれば、Excelに測定結果を自動入力することも実現可能です。
 

システム構成

・測定機はガンタイプでトリガを押すだけ
・測定時間はわずか1秒ほどです
・結果は手元のディスプレイに表示されます。
・操作もタッチパネルで簡単に行うことが可能

システムイメージ

※Gap-NINJAはパソコンが無くても、単体で使用することができます。


関連製品