H1

3D-Magic REGALIS

TBT_汎用DB:詳細

3D-Magic REGALIS

使いやすさを追求した、モノづくりの現場に最適な計測・解析ソフト

製品説明

3D-Magic REGALIS

1999年に日本の製造業をサポートするために開発された自社開発のソフトウェアです。自動車メーカーを中心に様々な業界で活用されています。

有接触作成、非接触作成が可能で、東京貿易テクノシステムで取り扱っている測定機にプラグインします。
三次元CADデータと測定ワークを現場で比較・解析し、その場で合否判定ができます。
図面レスを実現し、検査冶具を簡素化できるため、コスト低減につながります。
初心者でも簡単に操作できる、ユーザーフレンドリーな計測・解析ソフトウェアです。

Vectoron・Leicaに対応

 
  

製品の特長

有接触機能を充実

従来の幾何公差を管理ポイントにも対応。 寸法検査・CAD比較はもとより倣い計測による円筒・円錐計測も可能。ウィザードによる測定手順の自動化も可能。

Lite版(無償版※)の有効活用

ソフトを導入でLite版(無償版)のライセンスを5本発行することが可能。現場の測定を止めずに解析作業を分業化できるようになるので、更なる効率化に貢献。 ※Pro版ソフトウェア保守契約期間のみ有効。

非接触解析

カラーマップ出力、断面検査、非接触データを使った要素解析、各種寸法検査に対応。

REGALISレポート

お客様の独自フォーマットにEXCELレポート出力対応。 測定完了後にテンプレートを指定すると自動的にレポートが作成され、検査工数を大幅に短縮。

Leicaレーザートラッカーにも対応。更にVECTORONと連携

新機能 REGALIS Fortress

高スペックな専用端末やアプリケーションの操作知識は不要です。
3D-Magic REGALISから登録した検査結果をリアルタイムにWebブラウザで閲覧し、社内で最新の情報に共有できます。また過去のデータも簡単に検索でき、最新データとの比較が可能です。

TTSカスタマイズパッケージ

お客様独自の仕様に合わせたエンジニアリングやカスタマジングパッケージの開発が可能です。用途に合わせた特殊プローブ、作業平準化のための専用測定機能を始め自動アウトプットの帳票機能、データ集約、傾向管理システムなどお客様のニーズに合わせたカスタマイズに対応いたします。
カスタマイズされた機能フローにより効率良く計測できます。
準備データ及びデータ登録もクリック操作という簡便さで煩雑さを一掃。
必要最低限の操作により大幅な作業工数低減を実現します。


機能詳細

クリックで詳細を表示します
▼ 大容量データを高速で処理(詳細表示なし)

製品の仕様

OS
  • Microsoft Windows 7 SP1 64bit 以上
  • Microsoft Windows 10 バージョン 1703 (Creators Update) 64bit 以上

日本語版/英語版 Microsoft .NET 4.7 以上必須

ハードウェア
推奨スペック
CPU Intel / AMD クワッドコア
メインメモリ※1 32GB
HDD空き容量※1 8GB以上
グラフィックボード※2 NVIDIA Quadro シリーズ
(グラフィックメモリ 8GB以上)
Microsoft Excel Microsoft Excel 2016

※1:作業内容に応じた容量が必要になります。
※2:最新のグラフィックドライバが必要です。NVIDIA ホームページより入手してください。
   Intel製、AMD製のグラフィックボードは動作保証対象外となります。

関連ソリューション

関連製品

関連動画