H1

◆New SCADA System 「Ignition」

TBT_汎用DB:詳細

◆New SCADA System 「Ignition」

スマートファクトリーを実現する次世代SCADA、IIoT/リモートワークを推進

製品説明

◆New SCADA System 「Ignition」

New SCADA「Ignition」ではライン監視・制御に必要な様々なインターフェイス、コンポーネントを用意しており、ニーズに合ったシステムを短期間・低コストで構築可能です。
Ignitionで実現できること
  • 設備のリアルタイム監視・リモートコントロール
  • 設備PLC・センサー情報収集
  • タンク内容量、流量の把握
  • アラート設定により異常の見逃しを防止
  • OS、Webブラウザ、タブレットアプリ等
  • マルチプラットフォーム対応により柔軟な運用が可能
Ignitionをコアにした製品データ/設備データのIoT化・活用
  

製品の特長

New SCADA「Ignition」は製造ラインの統合監視・制御ソリューションです。サーバ、クライアント、デバイスから構成され、様々なオプションモジュールを用意しており、各顧客環境に細やかに対応可能な新しいSCADAシステムです。
リアルタイムモニタ:
 設備状況を視覚的にリアルタイム把握可能
アラート機能:
 様々な条件でのアラート設定により異常の見逃し防止
簡易性:
 お客様自身でのメンテナンスが可能なユーザライクな開発環境を提供
低コスト:
 Unlimited Licenseと導入後メンテナンス費用を抑えられることで、長期的視点で高いコストパフォーマンスを実現
マルチプラットフォーム:
 ユーザインタフェースとして、Webブラウザによる設備統合監視、タブレット向けのアプリケーションも構築可能
PLC:
 各大手設備メーカのドライバが用意されており、設備が混在した現場でも能力を発揮
HMI:
 強力なヒューマンマシンインターフェイス構築機能を備えており、工場のリモートワーク推進に貢献

リアルタイムモニタ

アラート集約画面

ヒストリ機能/レポート分析

HMI (ヒューマンマシンインターフェイス)

現状の設備保全

実現したいが、
現実は…
 現場での各設備を移動しながらの確認・操作

Ignition導入後の設備保全

 場所を選ばない集中管理・操作

Ignition導入後の設備監視/保全作業のイメージ

①システムにて閾値が設定された材料タンクの残量の下限超過を検知し、アラート機能が検出します。

②アラート種類毎に設定された通知機能によって、メール、SMS、コールによって担当者へ通知されます
③その場で手持ちのスマートフォン・タブレットで状況確認し、必要量の材料補充を行うようバルブの遠隔操作を行います。
④実設備が稼働!

開発元